過去のDental Notes>


                酸蝕歯(さんしょくし)について
                                            2013.9.2(月)
 


 ムシバは、ムシバ菌が作り出す酸によって歯がとけることで起こります。

 しかし、歯がとける原因はムシバ菌によるものだけではありません。

 酸性の強い食べものや飲みものを頻繁に口にする人は、虫歯になっていない歯がしみ

 たり痛くなったりすることがあります。これを酸蝕歯といい、食品中の酸により、直接歯

 がとかされることが原因です。

 酸性のものといえば、レモンやお酢などのすっぱいものを思いうかべますが、スポーツ

 ドリンクや野菜ジュース、炭酸飲料、ビール、ワインなども酸性か強い飲みものです。

 これらの食品は、毎日長時間ダラダラと口にしないようにし、最後はお水かお茶で中和

 しましょう。

 また、就寝直前はなるべく避けるようにしましょう。

 健康のためにお酢や野菜ジュースを毎日摂る人も、その飲み方や時間に気をつけてみ

 ましょう。




                                                 
                                                TOPへ戻る







Dental Notes(コラム)