過去のDental Notes>


                
                 治療途中の歯を放っておくと…
                                         2013年2月18日(月)


 治療途中の歯を何ヶ月〜何年もそのままにしておくことにはいくつか問題があります。

 虫歯の治療で金属等の最終的なつめ物や、さし歯をセットせずに仮歯、仮つめの状態で

中断してしまった場合は歯が動いたり削った溝や仮歯と歯の隙間に汚れがたまって虫歯に

なり易くなります。

 もっと深い歯の内部「根の治療」を途中で中断してしまうと深い部分で虫歯になったり歯の

内部全体や周囲の骨にまで汚れが広がってしまい状態によっては抜歯が必要となることが

あるので早めの治療再開をおすすめします。



                                             TOPへ戻る









   Dental Notes(コラム)