過去のDental Notes>

  
            歯の根の治療(根管治療)について

                                     2013年1月28日(月)


 神経がない歯のはずなのに痛い、浮いて噛めないというような症状が起きる事があります。

 原因はいろいろありますが、その一つに根の中に問題が生じた場合があります。

 歯の根の中には神経(歯髄)があり、虫歯が大きくなった時等に神経をとる治療が必要な

事があります。

 とった後は薬をつめて冠をかぶせるのですが、根の治療の時に根の中にばい菌が残った

り、神経の入っている管も枝分かれしている根が多く完全にきれいにする事ができず、歯の周囲

に炎症を起こす場合があります。

 その時、根の中をきれいに消毒する必要があるのですが、見えない場所の治療であり、さき

程お話しした様に神経が数多く枝分かれしている事もあり、治療が長引く場合もあります。

 できれば、神経にむし歯が進行する前にくい止めるのが一番です。



                                                  TOPへ戻る













  Dental Notes(コラム)