過去のDental Notes>
  
  
                  歯と鼻の関係
                                      2012.12.10(月)
 

 上の奥歯がジクジク痛んだり歩いた振動でひびき歯科医院を受診される患者さんの中に、

鼻が原因となっているケースがあります。

 鼻の穴とつなっがている空洞がいくつかあって、その中でも上左右の臼歯と目の間に位置

する上顎洞といわれる空洞(副鼻腔)が深く関係するのです。

 風邪やアレルギーで長時間鼻がつまると、上顎洞は細菌に感染し易くなり中の粘膜が腫れ

て上顎洞炎という状態となってしまいます。

 そうなると上顎洞と臼歯の根の先は非常に近い位置にある為、鼻の調子が悪いのに歯が

悪くなったように感じてしまうのです。

 逆に臼歯の歯周病や虫歯から上顎洞へ細菌が感染して鼻づまり等を起こすこともあります。

 これからどんどん寒くなります。

 皆さん風邪には気をつけて下さいね。




                                               TOPへ戻る










    Dental Notes(コラム)