過去のDental Notes>
 
  
                キシリトールについて
                                      2012.04.23(月)
 

 キシリトールは白樺の木やトウモロコシの芯などから作られる自然の甘味料

です。
 
 もともと多くの果実や野菜にも含まれており日本でも食品添加物として認めら

れています。

 このキシリトールは砂糖と同程度の甘さを持ちながら、カロリーが低く、ムシバ

予防に効果があることから、特にガムやタブレットに多く使用されています。

 キシリトールがもつムシバ予防の効果は次の2つがあります。

@ムシバの原因にならない
 
 ムシバ菌が栄養源として利用できないために、酸を作りださないので歯が溶け

ない。

Aムシバの発生・進行を防ぐ

 歯垢(プラーク)の粘つきや量を減らしたり、ムシバ菌の活動や増殖を防ぎムシ

バを抑制します。

 この効果を発揮させるには、1日3〜5回(特に食後に)5〜10分くらいキシリト

ールガムをかむと良いとされています。選ぶときは、甘味料に砂糖が入っていな

いシュガーレスのものを選びましょう。ガムを噛めない小さいお子さんはタブレット

を使ってみてください。



                                         TOPへ戻る










   Dental Notes(コラム)