過去のDental Notes>

  
                 歯のよごれについて
                                      2012.06.04(月)
 

 プラークや歯垢(しこう)、歯石といった言葉をご存じの方は多いと思います。

これはすべて歯の表面に付いた汚れのことです。
 
 プラーク(=歯垢)は、単に食べかすのことではなく細菌の塊のことを言います。

 お口の中の細菌が食物中の糖分をもとにネバネバした成分をつくり、その中で

増殖していき塊となります。

 このため、プラーク中にはとても多くの細菌が存在しその数は1mg中に1億個

以上です。

 このプラークはネバネバした膜で覆われているため、うがいでは落とせず歯ブラ

シ等でこすり落とす必要があります。

 また、プラークが時間がたって唾液中のリンやカルシウムと混ざって石灰化し、

かたくなったものが歯石です。

 この歯石の表面は、小さい穴があいていて、そこにまたプラークがくっついてい

き時間がたつと歯石になり・・・を繰り返しどんどん増えていきます。

 こうなると自分では取れないので歯科医院で特別な器具を使って除去してもら

う必要があります。

 このような歯の汚れは、ムシバや歯周病・口臭など、さまざまな疾患の原因と

なるので定期的にクリーニングを受けましょう。



                                         TOPへ戻る









  Dental Notes(コラム)