過去のDental Notes>
 
 
                  親知らず
                                        2012.2.27(月)


 親知らずと聞けば多くの人が「抜く」というイメージを持たれると思います。
 
 では、どの様な場合に抜く必要があるのでしょうか。

  @虫歯になった場合

     とても奥にある為歯ブラシも届きにくく虫歯になりやすいです。

     治療器具も届きにくくきちんとした治療が困難な場合は抜歯が必要となりま

    す。

  A歯ぐきの炎症の原因となる場合

     十分なスペースがない為に、横や斜めを向いて中途半端に生えてしまうこと

    があります。

     この状態は、非常に汚れがたまりやすく歯ぐきが炎症を起こす原因となり強

    い痛みや腫れが生じます。
  
  Bその他

     噛み合わせに悪い影響を与える場合や手前の歯の虫歯や歯周炎の原因と

    なりそうな場合抜歯が必要となります。

     @〜Bにあてはまらない場合や将来的に入れ歯やブリッジの土台として使え

    そうであれば抜歯せず保存します。



                                          TOPへ戻る







   Dental Notes(コラム)