過去のDental Notes>

 
                フッ素について
                                      2012.3.12(月)
 

 今回は「歯に良い」とされるフッ素についてです。

 フッ素は私たちがふだん口にする食品の中にも含まれている物質です。このフッ素

 には次の3つのはたらきがあり、むし歯予防に効果があることがわかっています。

 @酸に溶けにくい強い歯を作る

  歯の表面のアパタイトにフッ素が吸収されると、ムシバ菌が出す酸に対して溶け

  にくいフルオロアパタイトに変化し強くなることで、むし歯予防に効果があることが

  わかっています。

 A歯の再石灰化を促進する

  お口の中では、酸で溶けた歯の表面を唾液などのはたらきで修復する「再石灰

  化」がたえず行われています。フッ素はこの再石灰化を助けるはたらきがあり、

  特に初期むし歯ではこの効果を期待し経過観察することもあります。

 Bむし歯が酸を作るのを抑制する

  むし歯が糖分をエサにして酸を作るのをじゃまして、その活動を弱めてくれます。
  
  これらの効果は、フッ素の濃度や配合方法、使い方により主に対象となるはたら

  きが異なるので、1種類だけでなく、いろんな方法でフッ素を利用することが大切

  です。

  現在日本では、家庭でのフッ素入り歯磨き粉やジェル、洗口剤でのうがい、歯科

  医院での定期的な高濃度のフッ素塗布などが利用されています。

  もちろん、フッ素だけではむし歯を完全に予防するのは不可能ですし、大量にとり

  すぎると副作用もありますが、正しく使えば効果があるのは事実です。特に生えた

  ばかりの永久歯や乳歯に効果が出やすいので、是非自分に合った方法で取り入

  れてみましょう。



                                           TOPへ戻る












  Dental Notes(コラム)